三ノ輪って??

☆ 三ノ輪ってどんなとこ?

 三ノ輪周辺のご紹介ページです!
たまに番外編もありますが、どうぞ、スクロールしてご覧くださいませ。
あんなとこ・こんなとこ、いろいろ発掘していきます〜。

☆ 酵素シロップかけ天然かき氷  byむぎわらい

 暑〜くなると食べたくなるかき氷ですが、今は天然かき氷のお店が増えているようですね。
この三ノ輪でも夏になると、日光の天然氷を使ったかき氷が食べられるんです。
天然酵母パンで前にもご紹介した、「カフェ・むぎわらい」。

シロップがまた工夫されていて、身体にとって必要な酵素入り。
味は、イチゴ、ウメ、レモン、しょうが、モモ。
他に大納言みぞれ、やわらかミルクキャラメル。こちらは酵素が苦手な方でもOKだそうです。

身体を温める効果のある酵素が、氷とマッチングすると、身体の芯を冷やしすぎない感じがします。

フワフワ感たっぷりの天然かき氷、暑い夏には、やみつきになりそうです!

ひとつ気をつけていただきたいのは、14:00〜19:00の時間限定メニューです。


モモのシロップです


8月18日

☆ 最近オープンした2店

 ランチ時になると、常々あったらいいな〜と思っていた「ピザ屋」さんができたんです!!(嬉)
その名も「ナポリ」。都電荒川線の入り口近くです。
ランチ時は、ピザが500円。お持ちかえりもOK。
窯焼きピザで、生地はモチっと系で程よく塩味がきいてます。


もう1店は、本格インドカレー屋さん。「サイレザ」(どんな意味だろう?今度聞いてみよ〜)
こちらは、アルファ右3軒先にオープンしました。
以前は、串焼き居酒屋さんで店構えもそのままなので、ちょっと見は何屋さん?と思うかも。
時たまカレーの香りが漂ってくるので、食欲を刺激してくれて手います。
カレーって無性に食べたくなりますよね〜

こちらのランチ弁当も500円!
数種類のカレーのを選べて、ナンかご飯か選べて、サラダがついてます。
これが500円は安い!!
店内で食べた場合は800〜900円
こちらは、カレー・ナン・ごはん・チキンティッカそしてドリンクつき。
ナン・ごはんは、おかわりOK。
カレーの辛さは、甘口〜数段階選べます。



ちょっと画像が良くなくてすみません。



私事ですが、ランチ時のチョイスが増えて嬉しい〜


7月1日

☆白桃樹御守〜by素盞雄神社〜

 毎年4月になると、桃の花がとてもきれいな素盞雄神社境内。
今月は疫神祭(4月1日〜8日)で、「白桃樹御守」が授与されます。

桃は邪気を祓う霊木とされ、その花を酒に浮かべて飲めば不老長寿の効があると言われているそうです。
1年の健康を願って、私も毎年このお守りをいただきに行きます。
裏面に名前を入れてもらうこともできるんです。

おかげさまで、元気です!!

ただ今の祭儀、「疫神祭」


桃の御守に因む一重八重、紅や白の桃の木々です。


手前の絵馬がかかっているイチョウの樹は、
母乳の出ない婦人がその皮を煎じて飲み、周囲に米の研ぎ汁を撒いて幼児の無事成長を祈願した「子育ての銀杏」樹齢五・六百年という大イチョウです。


心落ち着くホッとスポットですよ。

☆ 「カフェ・バッハ」のパン

 前回ご紹介した、「いろは商店街」入口、泪橋交差点のほど近くにある
自家焙煎珈琲店「カフェ・バッハ」

オーナーの田口さんはコーヒー界で知られた存在で、世界中のコーヒー産地の視察を繰り返し、様々なコーヒー豆を仕入れているそうです。
お菓子やパンも自家製で、以前から気になっっていたパンをやっと食することができました。
何年越しだろか・・・?!なんせお昼ごろにならないと焼きあがらないものなので、なかなか買いにいけませんでした。


奥がイギリスパンで、手前がレーズンパンです。
トーストすると外はカリッと中はしっとりしていて美味しかった〜。
日替わりパンもあって曜日や月で種類が変わるので、そちらも楽しみです。
袋もオリジナルロゴ入りで可愛いですね。


で、本日ネットでこのような記事を発見しました!
『1日3〜5杯のコーヒーで心臓病リスク軽減か。』
コーヒーを1日に3杯〜5杯飲むことで、重度の心臓病を引き起こす恐れがある動脈血栓リスクが減少する可能性があるとの研究論文が、3日の英医学誌「Heart(心臓)」に掲載された。

そうですよ。

コーヒーに関してはこれまでの研究でも、多発性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー病などの発症リスク低下との関連性が指摘されているそうです。

珈琲愛飲の私としては、心おきなく飲める材料が増えるのはうれしいで〜す。

3月4日

☆ いろは会商店街

 「あしたのジョーのふるさとまつり」が開催される商店街
いろは会は、370メートルに及ぶアーケード街です。
あしたのジョーが所属する「丹下ボクシングジム」がある
山谷のドヤ街はこの周辺がモデルです。
商店街を歩くと、登場人物のパネルが出迎えてくれますよ。




さまざまなイベントも開催されていて、昨夏のミュージックフェスタには「EGO-WRAPPIN'」が
登場!
「アルファ」の前をイソイソと「いろは会」に向かう人並を横目に、私は仕事に励んでました〜。

この商店街、意外とロケ地にもなっていて、最近では、妻夫木聡さんの「若者たち」で出てきた
お弁当屋さん。、三井住友カードのCMで吉高由里子さんが買い物をしている八百屋さん。
実はこの商店街のお店なんですよ〜。(最後のカットのお肉やさんは、「ジョイフル三ノ輪」)
アーケードがあるので、悪天候の影響も受けなくて、撮影にはもってこいのようです。
ちょっとレトロで昭和の香りのする商店街です。

ここからすぐのところに、天丼で有名な「土手の伊勢屋」さん。
自家焙煎珈琲店「カフェ・バッハ」さん。がありますよ。

1月21日

☆ 靴のめぐみ祭り

ここ台東区は、職人によるモノ作りの伝統が受け継がれている街です。なかでも、靴やベルトなどの皮革品では日本一の産地といわれています。
そのイベント「靴のめぐみ祭り市」が、清川にある玉姫稲荷神社で毎年11月の最終土・日曜日に行っているお祭りで、今年は11月23日(土)、24日(日)に開催されました。
氏子である靴メーカーが靴のめぐみを感謝し行われる靴祭り、通常店頭で並んでいる靴が、特別価格で提供されます。

以前から噂は聞いていたので、行ってみたい〜と思っていたのですが中々行けず・・・
今年は行ってきましたよ〜!

境内や道路上に所狭しと各店舗が並んでいて、わくわく感いっぱいでした。市場よりもかなり安く靴やバックの皮革製品が売られていました。

あれも、これも値段を見ただけでほしくなるのですが、靴はよ〜く履いて、歩いてフィッティングしなければいけません。
安いからと、片足だけ履いて即買いはいたしません!
という心構えで、各店舗でよ〜くフィッティングを繰り返し、2足購入した私です。
満足〜〜!!
ショッピングって楽しいですね!

こちらでは、靴供養もしていました。大事に履きつぶした靴を持っていくといいですね
来年は、「足を支えてくれてありがとう〜」と感謝をこめて持っていこうと思います。

靴のめぐみ祭り

12月2日

☆ 飛ぶときに持っていると安心かも〜飛不動尊〜

 アルファから500mほど先に、龍光山正宝院があります。

こちらは、通称飛不動尊として広く知られています。
旅先まで飛んできて守ってくださる「空飛ぶお不動様」、また病魔や災難を飛ばしてくれる「厄飛ばしのお不動様」として信仰され続けています。

航空祈願・道中安泰を祈願した飛行護が授与されてまして、
そう言えば・・・・飛行機に乗る際には行くという友人や、飛行機での旅行をする彼氏のためにお守りをプレゼントしていた友人がいたな〜などと参拝しながら思い出してしまいました。
現在、寺社は修復中でビニールシートで覆われていて少し鬱陶しい感じがしますが、境内は清々しい気で包まれていました。

飛行護りのほかもの、
「落ちない」ことから合格祈願護
「飛ぶ」といことで、ゴルフ護 などもありましたよ。

また、最近では、数多の困難を乗り越え地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトリーダーである、宇宙科学研究所の川口淳一郎教授が2005年からこちらに毎年参拝されたことでも話題となっているようです。
なるほど〜〜!!!

そしてここは、下谷七福神の不動尊礼所でもあります。
今年もあと、2カ月半。来春は下谷七福神めぐりしようかなあ〜?!
飛行機乗って、旅にも行きたいな〜〜。
あれ?!もう来年の抱負になってる!!!!・・・?

そうそう、お参りしたら「おみくじ」ひかなくちゃ!で、
なんと、七福神入りおみくじでした〜。
私の元には、布袋さまがいらっしゃいました〜



2013年10月9日

☆昔懐かしケーキ〜シャルロット〜

 レトロな雰囲気の軽食・洋菓子店『シャルロット』は、都電入り口近くにあります。
こちらで販売している手作り洋菓子は、昔ながらの味で今風に「スイーツ」と言うよりも、「ケーキ」と呼ぶのがピッタリ!素朴なケーキなんです。
しかしですね、数年前よりはデコレーションが華やかになっていて確実に変化はしています。

今回は、モカロールとサバランを買いました。最近のサバランはクリームの中に少しだけ生地がはいっている的なものが多いのですが、こちらはしっかり生地がメイン。ブランデーの染み込み方もたっぷりで私が慣れ親しんだサバランなんです。
モカロールも然り、生地のしっかり感がメインです。

ケーキもそれぞれの好みがありますが、たまに食べたくなるこのケーキ。ずっと変わらずにいてほしいな〜。

*包装紙もレトロチックでしょ!!!

6月21日

☆ 洋食レストラン ひらばやし

 竜泉にある『レストランひらばやし』昔ながらの洋食屋さんです。
浅草国際通りに、ちょっと汚い(?)看板が出ていて、通る度に気になっていたお店でした。
入ってみると昭和を感じる店内で、気取らずリーズナブルなお値段で洋食が楽しめました。

大好物のカキフライと注文。
通常のカキフライって長細いですよね。ここのはコロコロとしたカキフライ。
食べると、とても濃厚でジューシ〜〜〜。美味しい〜〜。
カキを丸めて調理してるのかな〜?
テンダーロインステーキとポークソテーをいただき、どちらも美味しかったです。

松健サンバの振付師、真島(通称マジーだっけか?)さんに似ているボーイさん?(おじさん)が、
ソースの説明等を丁寧にしてくれて、帰り際には爪楊枝のお土産もくれました。

千代紙で折った爪楊枝入れ、とても可愛いですよね。知り合いの方が作ってくれているとのこと。
「奥さんが作ってるの?」って聞いたら、「まあ、そんなもの・・・」ですって?!
実は、最初に書いた『汚い看板』って表現も、このボーイさんが言った言葉なのですよ。

親しみやすくて、1人でも入りやすそうなお店でした。
次回は、ランチに行こう!!!っと。

レストラン ひらばやしブログはここから

2013年1月22日

☆スカイツリーの見える町

 ここ三ノ輪はスカイツリーが見える町です!
以前、建設途中の報告をしましたが、徐々に高く高く伸びるツリーを
ワクワクしながら完成まで見続けられて、幸せ〜!気分でした。

先日いらしたお客様は、
お生まれは芝大門で東京タワー完成を見届け、
そして数年前に この地に引越してこられて今度はスカイツリー完成を
見届けたそうで「私は幸せ者です!」とおっしゃてました。

ツリーに向かって歩く!意外と気分の良いものですよ!
夜景になると特にです!・・・
ブルーの輝く「粋」と紫の「雅」の2種類ですが、
雅の紫って分かりにくいので白にしか見えないんですよね〜。
でもでも、き・れ・い!!!

☆ メロンパンの店

 アルファから、少し歩いた通り沿いに、
以前何のお店だったのか覚えてないんですが、「メロンパン」専門のお店ができてました。

店頭販売のみ!小さな小窓越しに販売しています。
こんがりパンの焼ける香りっていいですよね〜。

ノーマルの他に、チョコ生地もあり。
メロンパンの表現にも、しっとり〜、もちもち〜、てなフレーズがありますが
こちらのは、こんがり〜、カリッ〜ってな感じで歯ごたえありです。
個人的には、カリッ〜が好きなので、チョコチョコおやつに通いそう〜〜!!



4月9日

☆ 不思議な看板

 面白い看板の電気屋さんを発見!!

これって・・・???  

でんきのカタいみせ??なんてね。

3月12日

☆ 浅草寺参り

 みなさま、あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。

さて、この三ノ輪から浅草まで、歩いて20分くらい。
お客様の中にも浅草界隈の方、多いんです。
先日、新年参りに行ってきました。
やはり、多くの参拝の方がいらして賑わっていました。

こちらの、おみくじは辛口なの、ご存知ですか?
お客様いわく、
「4人家族中、1人はひくわ。」だそうです。
私も常々、感じてました。「凶」が多いって・・・・
何度かひいたことあります。

さて、今回はどうだろ〜?!
いざ!
わお!出てしまいました〜「凶」です!

でもでも、これからは登り竜のごとく
上るしかないってことでしょ!

隣で引いていた方の声に
「大吉より、いいのよ。」っと、
やはり「凶」を引いたお連れさんにおっしゃってました(笑)

浅草寺のおみくじは、凶が当たりまえ、と思って楽しんじゃいましょうね。


1月9日

☆ 歴史ある町〜永久寺目黄不動〜

 アルファの並びに目黄不動があります。

目黄不動は、江戸五色不動の1つとして知られていて、
目白・目赤・目黒・目青・目黄の各不動尊のことだそう。

寛永年間(1624−43)の中旬、
三代将軍家光が寛永寺創建で知られる天海大僧正の具申をうけ
江戸の鎮護と天下泰平を祈願して、
江戸市中の周囲五つの方角の不動尊を選んで割り当てたとのこと。

宇宙のすべての現象は、地・水・火・風・空の五つからなるとする宇宙観があり、
これらを色彩で表現したものが五色といわれています。

不動尊信仰は、密教がさかんになった平安時代初期の頃から広まり、
不動尊を身体ないしは目の色で描きわけることは、
平安時代(784−1179)にすでに存在したそうです。


歴史あるお寺なのですね〜。
その歴史と共にかは、定かではないですが、
とてもとても大きな銀杏の木が、境内にあるのです。
只今、とても素敵な色になっていて・・・・
そう!鮮やかな黄色です。
とても綺麗ですよ。

この葉が舞い込んできまして
アルファの入り口は黄色い絨毯になることがあります(笑)

長い歴史ある銀杏にあやかる気持ちで、お掃除させていただいてます。

12月7日

☆和三盆ロールケーキ〜洋菓子スヴニール〜

 お隣の駅「南千住」はこの何年かで、街並みが様変わりしました。
日比谷線・常磐線・つくばエキスプレスの3線が乗り入れていて、人口も増え続けています。

この駅すぐにある「スヴニール」は、和三盆ロールが有名。遠方からも買い求めに来られるそう。今は、開発と共に店舗が移転してますが、昔から地元の皆さんに愛用されているお店です。

和三盆の上品な甘さが魅力。クリーム滑らか、生地はしっとりでサクサクいただけます。



おいししそうでしょ〜!!


知る人ぞ知る、ロールケーキの切り端も、なんと「アウトレット」と書かれて、商品ケースに鎮座してます。
でも常時あるわけではなくて、あったらラッキー的な商品。
各種の切り端が入っていて、\150!とてもリーズナブル。
ちなみに、ロールケーキはミディサイズで、\900。


マカロンもおいしいよ!

他にも各種ケーキが豊富にありますよ。

ここ三ノ輪から、歩いても裏道で行くと10分くらいかな・・・・。


メゾン スヴニールホームページはこちら



11月9日

谷中散策〜その2〜

 谷中銀座商店街をブラブラ〜。
お惣菜やさんや雑貨屋さんや洋品店屋さんや飲食店屋さんがズラリと並んでます。
商店街自体に統一感があって、見やすくてブラブラしやすいです。
なんでかな?と思ったら、車が通らないからだ〜!
神社に向かう、参道のような感じがしました。

さて、商店街をブラブラ行くと、よみせ通りにぶつかります。
そのよみせ通り沿いに、手作りパイの店「マミーズ」があります。
「子供に安全でおいしいお菓子を食べさせてあげたい」との思いで、おやつに焼いた母さんのアップルパイから始まったお店です。



アップル以外にも、季節のフルーツで作るパイもあり、この時は「ピーチパイ」がありました。
が、私は「レモンパイ」をチョイス。
あっ!アップルパイも、もちろんいただきましたよ。
こちらのレモンパイ、酸味にパンチがあって好きなんです!
どのパイも、素朴で飽きのこない味で、アルファのお客様にもファンの方が多いです。
やはり、この谷中店に買いに来るそうです。



購入して、お店を出ると、ある店先に出ている長椅子に座っておしゃべりしながら、アップルパイを食べている方々を目にしました。
日ごろのおやつ感覚として、この町に溶け込んでいるようでした。

つい最近、ちょいと小耳にした情報では、このマミーズの製造工場が三ノ輪近くの明治通り沿いにあり、そこではちょっとお安く販売しているとか・・・・?!もう少し涼しくなったら、探してみるかな〜。


手作りパイ「マミーズ」


9月13日

☆ 番外編・谷中銀座〜かき氷〜

 下町散策として数多くの方が訪れる場所、谷根千。
谷は谷中、根は根津、千は千駄木なんですね。
そのなかで谷中散策してまいりました。
日暮里は行くことがあるんですが、谷中銀座には行ったことなかったんです。
ここ三ノ輪から近いのに・・・。

実は、目的がありました。それは、天然かき氷屋さん!
テレビでも見て気になってました。
日光から送られてくる天然氷とシロップは各種果物を自家製でつくっているとか。
これは、ぜひ食べてみたい!!!

メイン通りから、ちょいと横丁に入ったところに、あった!あった!
行列覚悟でしたが、運良くすんなり入れました。
私はノーマルに(?)いちごみるくをいただきました。



氷はふんわ〜り。シロップは、濃厚な生イチゴジュースのよう。
シャリふわ〜。といちごの甘酸っぱさが喉を潤してくれました。
汗だくでお店に到着したので、生きかえった〜!!
ぶどうも一口いただき、美味しかった〜。

食べ終えた時には、店内はいっぱいで外には列ができてました。


天然かき氷「ひみつ堂」

谷中散策つづく〜


9月2日

☆ 駄菓子・花火井ノ口商店

 先日、フラフラ〜と歩いていたところ、楽しいお店見つけました!!
駄菓子・花火も卸問屋さんです。

夏には花火〜!!やりませんでしたか?
空高く華々しく上がる打ち上げ花火も楽しみのひとつですが、家族や友人たちでやる手持ち花火も良いものですよね。
私は地元の縁日で買ってもらう花火を、夕飯後にやるのが夏休みの楽しみでした。
最後は、線香花火→ドラゴンで締めが定番だったな〜。

ここ何年も、やっていないですが、久しぶりにやりたくなりました。

卸だけでなく、小売りもしてました。

そして、ネット販売までしているお店、井ノ口商店さん。
この三ノ輪にピッタリなお店でっす!!

HP駄菓子・花火の井ノ口商店 

☆ cafe Bach カフェ・バッハ

 「あしたのジョー」の舞台になった泪橋、ここアルファから10分くらいかな〜。
丹下段平のボクシングジムがある設定場所でした。

今は橋はないんですが、地名として交差点名称に残ってます。

この泪橋交差点すぐに、自家焙煎珈琲店 cafe Bachカフェバッハがあります。

ゆっくりと落ち着いた店内で、おいしい自家焙煎の珈琲がいただけます。
創業40年の下町の珈琲店として、親しまれています。

珈琲はもちろんなんですが、私のお勧めは、自家製ショートケーキ!!!
美味しいですよ。生クリームの味がとても気に入ってます。持ち帰りもOK。
自家製パンもあるんですが、お昼頃の焼き上がりなので、時間が合わずまだ食べたことがないんです。が、いつか必ず!と思ってます。
ん〜?!そうだ。店内でトーストを食べたらいいんだわね。
今度はそうしよ〜。

ついつい、スイッーツに走ってしまうんですよね・・・私(汗)


落ち着いての珈琲タイムにお勧めのお店です。
珈琲教室なるセミナーも、やっているようですよ〜。

*ちょっと見にくい画像ですみません。バッハさんの看板が出迎えてくれています。



自家焙煎珈琲 cafe Bach


6月5日

☆ 歩くも楽しいカラフル壁画 by南千住ガード下

 

南千住第2三ノ輪ガード下が、昨年末にカラフルな絵で彩られました。
これは、荒川区から委託を受けた東京芸大大学院OBら約10人が1カ月かけて制作したものだそうです。


完成する前のこと・・・・
ある日、突然ガード下で何やら鉄骨による足場作りが始まったのを通りすがりに見て、
何をするんだろう??と思っていたんですよ〜。
そうしたら、なんと、可愛いカラフルな絵が出来上がっていきまして、
いつも暗いガード下が、明るく、楽しげな場所になっていました。


このガード下は、落書きされたり、ごみが散乱したりしていました。
人通りが少なくなる時間帯もあり、犯罪の起こりやすい環境だったため、
荒川区と南千住署は美化して犯罪を抑止しようと考えたそうです。

書かれてある絵は、この辺りゆかりの絵模様になっています。
あらかわ遊園・都電荒川線・千住大橋・松尾芭蕉・三ノ輪橋など


三ノ輪に来た際には、ぜひご覧くださ〜い!!






4月2日

☆ 路地探索も楽し!背面地蔵尊

 

この三ノ輪周辺には、路地がいっぱいありまして、
つい最近、歩いているが止まった看板がありました。

【ねぎし古寺 一番札薬王寺 背面地蔵尊 参道入り口】

背面(うしろむき)って??? どんなん?とても興味わきませんか〜?
入り口を指している矢印は、建物と建物も狭い狭い路地です。
いったんは通り過ぎようとしたのですが、妙に気になり、その路地をズンズン入っていくと
とても古〜く、とても趣のある地蔵様が、おられました。

背面(うしろむき)と書いてあるので、想像したのは、後ろ姿のお地蔵様でした。
実際は違っていました。もちろん正面を向いたお地蔵様。


お地蔵様脇に書かれていた由来を抜粋しますね。

《背面(うしろむき)地蔵尊の縁起》

其の昔、この地蔵尊は上野から奥州へ向かう旧街道の傍に在した。
その後道筋が改まり、後背の箕輪町通りが新しく拓け、
旧道に面していた地蔵尊が、新道からはうしろ向きに見えるので、
恰も此の尊称が起こったのである。

記録には
「ここに又 不思議なるは御遷座の夜 主僧の夢に神人現る 告げて曰く
汝 何なれば我が面を東に向わしめたるや そもこの寺の西辺は古陸奥への駅道なり
我はその道に臨み西に向い立ちたるなり
とありければ主僧驚きて 遂に石工を招き寄せ 事の仔細を語り聞かせしに
石工も夢に同じ告を蒙りたりとて その夜のうちに御象を動かし
面を西に向わし奉りぬ
さればその後参詣せし人々はその有様を見て
さても不思議なるかな 昨日は東に向ひたまいしに 今日は西に向はせられたりとて
その事たちまち四方に伝わり
背面地蔵の御名 遠近に聞え渡りぬ」   頃明和元年(1764)


こうして薬王寺の背面地蔵尊は 本尊の薬師如来の治眼信仰と共に毎月の縁日で賑わ栄えたのであった。
道路仏でもあり延命子育てとしての地蔵信仰は 今でも多くの人々に語り継がれている
 《寺史より抜粋》


お地蔵さんの創立は、1647年だそうですよ。
延命・子育てのご利益があるそうで、
昔々からこの地の人々を見守っていらっしゃるのですね〜。


このように、アルファの周辺には、
路地を入ると、色々な時代にワープしそうな多くの横丁があるんです。

横丁探索も、楽しいですよ〜!


薬王寺 詳細はこちらをクリック

3月6日



☆ うなぎの丸善(まるよし)

 

 以前の「三ノ輪って?」でチョイと登場した、うなぎやさん。
テイクアウト専門のうなぎ販売店「丸善まるよし」。

炭火で焼いている良い香りが、店の周辺に漂っているので、近くを通った際には、つい「ゴクリ」となってしまいます。

うなぎ大好きです。私。
夏のイメージありますが、季節を問わず食べたくなります、うなぎさん。

さて、うなぎの串焼きは、お値段が数種類、私が行った時には、\700〜1200まで並んでいました。
大きさの違いのようで、種類はどれも同じようですよ。
他には、肝・レバー・皮の串焼きが売られています。あと、佃煮もね。
うなぎのレバーって初めて。珍しくないですか?

うなぎのお味は、脂が程よくのり、割とさっぱりしたお味で美味しかった!!!
脂がのり過ぎていると、うなぎ本来の味がしない気がして・・・

こちらのは丁度良い、良い。

また、食べよ〜っと!!



☆ お参り&熊手だけじゃない楽しみ by酉の市

 
 11月恒例の酉の市、本日19日は「2の酉」です!!

1年無事に、お店を運営できましたお礼参りをしてきました。


酉の市の楽しみは、意外なところにもありまして・・・・・。
この市の時のみ一般販売している会社があるんです。

昨年見つけたのが、カバンやベルトを会社の倉庫?に並べて激安で販売しているところ。
皮の卸屋さんみたいなんです。
通常の価格よりもお安く出ていて、ついつい足が止まってしまいました。

去年はバック。(写真上)
今年はベルト(写真下)をゲットしました。





お値段はと言いますと・・・・
バックは、\3000
ベルト1本 なんと\500 計3本\1500
皮製品ですよ。安いと思いませんか〜?


他にも、普段は卸専門のお店が一般販売しているので、お参り以外でもフラつくと楽しいですよ。
海藻とか、昆布とか、お菓子とか・・・・まだ、見つけてないお店もあるんだろうな〜。
また、来年のお・楽・し・み です。


11月19日



☆らぁ麺「あんど」

 以前、”大地のめぐみラーメン”としてご紹介したラーメン屋さんが今では
、新たなお店、らぁ麺「あんど」さんに変わっています。

みなさんはつけ麺お好きですか?
この「あんど」さんはつけ麺が売りのようでつけ麺専門店となっています。もちろん通常の麺もありますが、店内ほとんどのお客様がつけ麺を食してます。

実は私は、つめ麺をあまり食べたことがなかったのですが、ここのを食べたてファンになりました。

太めの麺の盛りは腹12分になるくらい満足感があります。でもさらに大盛りを注文する方もいるんですよ〜。歯ごたえあるもっちりの麺と、濃厚な鶏の清湯スープ。
醤油か塩で合わせが違うようですが、どちらもおいしい〜〜んです!
食べ終わると、お汁にスープを足してくれて、スープだけでも美味しく飲み干せます。

余韻が残るというか・・・・また、食べたくなるんですよ。

一緒に行った友人が「つけ麺」初体験だったのですが、その後違うお店でつけ麺を食べたのだけどここのが1番と言っていました。
友人にとっては今後のつけ麺の基準は、ここのよりも美味しいかどうかの判断になるようです。
とてもインパクトがあった味のようです。

これから、寒くなるけど・・・やはりつけ麺を注文しちゃうかな〜〜?!


らぁ麺あんどホームページ

11月1日



☆たい焼き「浪花屋」

 誰でもが知っている「たい焼き」←って知らない人いたらゴメンネ
たい焼きといえば、中身はあずき!って決まってる?!
いえいえ、今のたいやきはいろいろな中身がありますね。
そして皮も、もっちり!サクッサクッ!ふんわり!云々と食感の幅もいろいろで楽しめるようになってますね。


私にとってのたい焼きは、薄味のあんこ(あずき)に、粉粉しい薄皮。そして尻尾まであんこが楽しめる。
これが「たいやき」の定番でした。端っこは少し焦げてたりして・・・それがまたカリカリしていて好きだったんですよね〜。ご飯のお焦げみたいで・・・・。
小さい頃にあった、地元のたい焼き屋さんがなくなってから、この味は久しく味わってなかったのですが、
ありました。ありました。三ノ輪にも、この味が・・・!!

たい焼き「浪花屋」さん!!

以前は南千住にあったそうですが、三ノ輪に移転したんですって。
正確には、三ノ輪と南千住の間ですが。
「浪花屋」さんといえば、たい焼きの元祖。のれん分け直系店です。

懐かしい味に出合えて、嬉しい〜。感謝です!!

「浪花屋」営業時間は13:00〜18:00 1個\150

そして、もう一軒。
ジョイフル三ノ輪にも、小粒の食べやすい、たい焼き「たい夢」があります。

ややふわり食感がある皮。でも一般的には薄皮に入るのかな〜。
中身はあんこだけではなくクリーム・チョコなど、いろいろな味が楽しめるスイーツ感覚なたい焼き屋さです。

お値段が100円ってところが、いろんな味をついつい購入してしまいます〜。


これから寒くなると、アツアツのたい焼きを頬張るのってホッとして美味しいですよね〜!!

*写真は「浪花屋」さんのたい焼きです!


10月6日






☆ エコロジーライフ花

 当店から浅草に向かう馬道通り沿に「エコロジーライフ花」があります。

自然素材を扱っているぬくもりあるショップです。とても落ち着く空間で自然な雑貨が丁寧に飾られてます。

「自然の恵みを人のぬくもりを感じられる、正しいものを揃えている。」とコンセプトにある通りとても暖かみのある商品ばかり。
一目ぼれのグラスに出会い、購入しましたよ!!

施術後ティーサービスの際に、アイスティーグラスとして使ってます。
アイスティーをご希望いただくと、ご覧いただけますよ・・・・。

暖かいものでもOKかも?!なんですがね。冬場も活躍してもらおうかな〜。

手作り品って同じように見えても、ひとつひとつが少しづつ個性を出してるんですよね。

まだまだ暑い日が続きそうですが、グラスを見るだけで涼が得られます。


       エコロジーライフ花ホームページ



    9月3日

☆ 中華松楽(ショウラク)

 ジョイフル三ノ輪商店街、中ほどにある中華屋料理「松楽」があります。

本格的な中華がリーズナブルなお値段で味わえますよ。
オーナーはよく香港に行きいろいろな食材のお勉強をしてます。
なので、たまに定休日でない日が休みだったりして。ちなみに定休日は水曜日です。

麺は自家製細麺!!
本当に細い!なので、スープと良く絡み合ってくれますね。
つい先日は、カニ玉麺を食べましたが、美味しかった〜〜。塩味です。他にも酸っぱ辛い麺とか、チリラーメンとか、今流行りのトマト麺とか種類も豊富ですよ。

私はトマトダメなので、トマト麺は避けますが・・・・・。(オーナーゴメンネ)
最後の晩餐は?と聞かれると、私「かた焼きそば」なんです。よく笑われるんですが。
「安上がりでいいね〜」と。
それぐらい中華に行くと食べる品なんですが、ここでは、ソース焼きそば、香港焼きそばも美味しくて浮気しどうしです(笑)


あと、デザートの極なめらか杏仁!!これお勧めです。
生クリームで作った杏仁豆腐なんです。コクがあって最後の締めで満足感いっぱいになります。

月に1度はお邪魔しましてます。
もっとかな?!

  8月10日

香港菜松楽






☆ 大学いも

 当店アルファの通りを浅草方面に歩いて行くと・・・、4月にオープンしたばかりの「大学いも」屋さんがあります。

以前は浅草で営業していたそうで、最近こちらに移転したそうです。

私大学いも、大好きなんです!

大学いものって、主には関東近郊で良く食べられているんですって。全国区ではないみたい・・・。由来は、東京大学の赤門前に三河屋という、ふかしイモ屋さんがあり大正時代にイモに蜜を絡めて売ったのが大学生間で人気を呼び、大学芋いもとネーミングされたとか・・・。
この店の故良三郎おじいちゃんが、この三河屋さんのお世話になり修行し、この地で継承してると、包み紙にかいてありました。

大学いもも、いろいろなタイプがありますね。外がカリカリタイプとしっとりタイプ。
こちらのは、しっとりタイプです。

和風と洋風があり、和風は通常の蜜。洋風は、アーモンド風蜜シナモンが効いていました。
友人と食したのですが、食べて一言「おいしい〜
洋風大人気でした。


最近は冷凍大学いももあります。これも意外と美味しいんですよね〜。


     6月21日







☆ 天王祭

6月3日は、三ノ輪の氏神様である「スサノオ神社」の天王祭です。
なので毎年第1週目の土日を含めた日程で開催されます。

スサノオ神社は、荒川区南千住・三河島(現:荒川)・町屋・台東区三之輪の区内で最も広い氏子区域61ケ町の鎮守で、平成7年には御鎮座1200年祭が厳粛盛大に斎行された由緒ある神社なんですよ。

本社神輿が渡御する3年に1度の「本祭」。それ以外の年は「陰祭」と言います。今年は陰祭でしたが土日には各町会で神輿が出て、賑やかな掛け声がアルファの前も行き来きしてました。

リフレクソロジーをされたお客様には、いつもとは違う空間になっていたことでしょう・・・(賑やかでしたね〜)
が、しかし、この天王祭は、夏に流行する疫病を振り祓う都市型の祭禮!とのこと。
毒素排出のリフレソロジーと相まって、いつもよりスッキリ身体になっていることでしょう!

みなさま、来年の天王祭には、リフレクソロジーをお試しあれ!
効果倍増ですよ、きっと・・・・!


    6月7日

☆ 東京スカイツリー

 あと2年後に完成予定の、東京新タワー「東京スカイツリー」が、ここ三ノ輪からよく見えます。

ある朝、私はいつものように入口付近を掃除していたところ、隣の寿司屋のマスターが、
ちょっとばかり興奮した勢いで、
「スカイツリーがよく見えるの知ってたか?!ちょっと先に歩いてくと、目の前に見えるぞ!!」
っと・・・・
本当かね?!と、思いながら、おかみさん(寿司屋マスターの奥さん)と歩いて行くと見えましたよ〜。
しかもデカイ!!
現在300メートルを超えたあたりみたいです。
ってことは、東京タワーとほぼ同じ高さです。ここからさらに倍は高くなるんですよね?!ひぇ〜〜。

そうとう高いタワーになりそうですよ〜。
空に近い木?!

徐々に出来上がっていく様子を、眺められるのって楽しいかも。。。
ちょっと写真の出来が悪くて、すみませんが、今はこんな高さです。

東京スカイツリー情報

  3月16日

☆ フラメンコスタジオ CARMELA

 私は昔むかし、ダンス系を習うならフラメンコを踊りたい!!と思っていたんです。が・・・。
なかなか習う機会がなくて、今にいたっております。
今では体力的に・・・?!

情熱的で激しい踊りなんだろうな〜。とのイメージを持ちませんか?
私はそんな印象を持っていたのですが、以前テレビで流れていた映像には、
スペインの方々は、家族の集まりや、小さなパーティーなどで、高齢の方から小さなお子ちゃままで、楽しそ〜に、何げな〜く皆で思いのままに踊っている姿が映っていました。
それは、情熱的で激しい踊りというよりも、皆で楽しく和やかに、音楽とともに勝手に身体が動き出している。って感じで、とても素敵な光景でした。

踊り方はいろいろなんですね〜

ここ、三ノ輪にもフラメンコ教室があるんですよ!!
ちょっと、見逃しやすい場所なんですが、駅からすぐです。

お客様で通われている方がいらっしゃいまして、パンフレットを頂きました。
イケメン講師さんがいらっしゃるようですよ〜!
体験レッスンもありますので、ご興味のある方は覗いてみてください。
フラメンコスタジオ CARMELA

お客様いわく
「フラメンコの旋律は、日本の邦楽の旋律と似ているので日本人には馴染みやすい」そうです。


足を使う踊りですからフットケアで足を整えていただき、良いパフォーマンスに繋がれば、私としてはとても嬉しいです。

ダンスに限らずスポーツをされている方にとって、足のトラブルは禁物ですよ!!

    2010年3月10日

☆ 金太郎飴本店

 「どこを切っても、金太郎!」のフレーズでお馴染みの飴。
金太郎飴本店が、サロン近くにあります。

店内は、いろいろな飴でいっぱいです。

水飴の味が広がり、素朴でさっぱりとしていて、サラサラと口の中で溶ける溶ける〜あめです。
幼いころに食べた、千歳飴を思い出しますね〜。
店内には、千歳飴もありましたよ〜。

千歳飴といえば・・・・
小さい頃は不二家のクリーミーな千歳飴のほうが、大好きだったな〜。
なんてことを思い出したりして。

この水飴の良さが、まだまだわからなかったのでしょうね。

以前、この地域に住む友人に、このあたりの名物ってなに?と聞いたら、
「金太郎飴〜!」でした。
愛されているんですね〜。金太郎って・・・・。

金太郎飴本店ホームページ



   12月21日

☆ 今年も行ってきました!

 
 三ノ輪で、11月といえば・・・・?!

お酉さまです!! 今年も行ってきましたよ〜。

昨年、友人からとても可愛いい熊手をいただいたので、1年無事に過ごせたことへの感謝を込めて、その可愛い熊手を納めて参りました。

開店前に行ったので、スイスイ〜と・・・・お参りできました。

そして、熊手お守りを購入して、またまた「福あられ」も購入〜。
1年ぶりのあられちゃん。(このままページをスクロールしていただくと昨年のあられの写真がありますよ)

あっという間に、完食〜〜でございました。
なぜか食べ物ばかりのご紹介になってしまいますね。。。。

  11月25日

☆ 樋口一葉記念館

 三ノ輪と入谷の間、竜泉という場所に樋口一葉記念館があります。

一葉は、この地で荒物・駄菓子屋を営んでいた時期があり、その時の生活をもとに書かれたのが「けくらべ」。
男尊女卑の激しい明治時代。女流作家をして生計をたてるには大変困難な時代だったようです。しかし、一葉にはそれを打破する才能があったのですね!

この記念館は昭和36年に、女流作家の単独資料館をして開設。といえば、日本のお札に女性がなったのも一葉がですね〜〜。

記念館には当時の街並みを再現した模型や直筆文が展示されています。
期間によっては、特別展も開催しており、12月23日までは一葉が師とも兄とも慕っていた「半井桃水と一葉」として、二人のゆかりの展示品が並んでいました。

一葉は24歳という若さで世を去りました。
桃水さんは、一葉にとって淡い恋心を抱いた人物では?とのことでして、二人の直筆の手紙を見ていると、そのやりとりが、とてもとても切ない気持になりましたよ。

当時の時間の流れは今とは違っているでしょうし、手紙という媒体はさらに、待ち遠しい気持ちにさせたり、もどかしい気持ちにさせたり、着いた手紙のひとつひとつの文字を読み終えることがさみしくもあり、嬉しくもあり・・
いろんな気持ちが詰まるように思います。詰まっているな〜と感じます。
人を思う気持ちは、今昔ないですね〜。

この館の前は、公園になっていまして、シーンとした館内に子供たちの遊ぶ声が心地よいBGMのようでした。それはまるで、一葉が営んでいる駄菓子屋に、子供たちが遊びにきているようで・・・・。

とても心地よくゆったりとした空間でした。

さてさて、今度は喰い気です!
一葉館のすぐそばに、「一葉煎餅」屋さんがありました。
そこで見つけたのが、五千円札にをモチーフにしたおせんべい。その名も「お札せんべい」。

味は瓦煎餅なんですが、なんともユニークですね!
五千円が食べられるのです〜〜!!

    10月21日

☆ チロリアン

 都電三ノ輪橋駅のわきに寛永7年創業の「千鳥製菓」があります。

久しぶりに「チロリアン」を食べました〜。
私、小さい頃によく食べた記憶がありまして・・・・
「ナボナ」と「チロリアン」は銘菓との印象が強いです。
「ナボナ」は亀屋萬年堂ですが・・・・・。


久しぶりに食べたチロリアン。おいし〜い〜じゃん!!

ワッフル生地がロール状になっていて、
中には、バニラ・チョコレート・ストロベリーにクリームが入っています。
生地の香ばしさが程よいです。
グリコの「コロン」の大人版って感じです。

他にもいろいろなお菓子が並んでいます。

ただ今、施術後のティーサービス時に、
つまんでいただけるようにしております。


寛永7年創業って、徳川家光将軍の時代なんですね。
390年?・・・・
すごいですよね〜。
日々の進化しお客様のニーズを捉えているのでしょうね。


千鳥製菓ホームページ

  9月11日


☆ 餃子やさん

 ジョイフル三ノ輪商店街にある、餃子専門店。
焼きと生の店頭販売のお店です。店内に数席あるのでそこで食べることもできるのかもしれませんが・・・。

餃子の好みもそれぞれだと思いますが、
ここのは野菜が主体です。ヘルシーなんだけどお野菜がジューシー。
皮はしっかりめで、歯ごたえありです。

私はこれ、とても好み。
塩味も程好く効いていておいしかった〜〜。
焼き加減も、表面パリッとしていて、うっすら膜が張っています。
このパリッが肝心ですよね!!

餃子のほかにシュウマイもありました。がシュウマイは次回に・・・・

餃子は1個¥40。5個入りで¥200でした。
写真は、1個食べた後に撮るのを忘れていたのに気づいたので4個しか写ってないんです〜。
でも、食べ終える前に気がついて良かった(笑)
美味しそうでしょ!!

商店街の奥の方にありますよ!

     8月15日

☆ 花火チョイ見スポット

 浅草に近い三ノ輪です。で、先日の隅田川花火が
当サロン前の交差点から、チョイ見できました。
音もかなり響いてきました。


今年は、空も曇ってなかったので、実際は綺麗に見えましたよ〜。

脇に見える文字は、道路情報の看板です〜〜。


ビルの谷間に上がるので、町のネオンを同化しつつありますが、
結構楽しめしたよ。




隅田川花火の会場は、2箇所あるので桜橋から上がるのしか見えないので、
しばし間が開きながらの、見物になります。
しばし歓談のお時間があるわけです(笑)

花火は夏を感じますね〜〜。

    7月27日

☆ お弁当

この辺り、コンビニはあるんですが、お惣菜やさんお弁当屋さんって
あまり無いんですよ〜。

っで、数少ないお店の中で、「おこわ」を主体として鳥のから揚げや
おでんや煮物などが並んだお店が当店からすぐの場所にあります。
その名も「横綱」。

ここの、から揚げが好きなんですよ〜。
それから、「おこわ」。美味しいです。
鳥・山菜・お赤飯の3種類。
お弁当箱に、おかずのみが入っていて御飯は「おこわ」か「白米」
を選べるんです。

山盛り入れてくれるので、ボリュームも満点です!!

写真のお弁当は、鳥おこわ・から揚げ・豆腐ハンバーグです。
おいしいですよ〜。


     7月4日

今日発見!三ノ輪橋跡碑

 お店を始めて、2年経つというのに今まで気がつかなかったです〜。
三ノ輪橋跡の碑が碑というか、杭?塔?印?があったのです!
昭和通り(日光街道)沿いに・・・・。
植え込みや電柱に隠れるように建っていたのです。
何度も通っていたのに、なにげな〜くやり過ごしていたのですね。

なぜか・・・・今日発見!

この場所に、昔々川が流れていて台東区と荒川区を結ぶ橋として、三ノ輪橋があったそうですよ。
今は、都電の駅名として残っているのでした。。。

この辺りは、川だったということになりますね。

なんだか、都電駅は三ノ輪橋というネーミングなのに、橋は??!!どこに??
と思っていたのが、やっと、クリアになった瞬間でした〜〜。

店からすぐの所にありました。

      6月2日

バラが咲いた〜♪

 この時期は、沿道に色とりどりのバラが咲くのですよ〜

車窓からも、楽しませてくれています。
たまには、都電(私は昔、チンチン電車といってました)に乗って
ゆらりゆらりと気ままな散策に出かけてみてはいかがでしょうか?

      5月10日

ジョイフル三ノ輪

 都電荒川線、三ノ輪橋駅隣は、アーケードの商店街があります。
昔ながらの、人情あふれる商店街で、長〜いアーケードになっているので、雨でもへいちゃらで〜ぃ!!
お値段も、リーズナブルですよ。


ジョイフル三ノ輪ホームぺージ

 5月1日

番外編 見ごろです!by深川2

 桜の様子です
桜の後ろが山だったらな〜〜。
都会の、花見ですな。

☆ 番外編 見ごろです!by深川

 さくらさくら〜きれいな姿を見せてくれてます!!

この所の暖かさで、見事に咲きましたね。つられて人も繰り出していました。
この川では、和船が遊覧するのですが、それに乗るための列が、朝からすでに連なっていました。
和船は手漕ぎ、数人しか乗れないのですが、それとは別にモーター船も出ていまして、どちらか選んで乗れるそうです。まずは、チケットが発行されていてそれに皆さん並ぶのです。

ここの桜、川に向かって迫り出していて、川とのマッチングが見事です。和船との風景は情緒があります。これも、丹念に手を加えている結果なのでしょうか。なので、あまり背は高くない気がします。

この、撮影をしていると、誰かが私を呼ぶ声がして振り向くと従妹が・・・そして、なんと、和船にこれから乗るんだと。
この列に並ぶのか〜〜?時間かかるぞ〜と、思い、「え”ぇ〜〜?」と声を発した私に、「もうチケットはもらってある」と静かな口調の従妹でした。
近所に住んでいるので、朝早くにチケットは入手していた、抜かりのない従妹です。

この、「さくらまつり」は12日まで開催中ですよ!!

ここ、三ノ輪からは、浅草・墨田川公園に近いです。
浅草に住んでいるお客様が、「大勢の人で溢れています」とおっしゃっていました。静かな場所をもとめて、うちに来店してくれたそうな・・・・。ありがとうございます。

桜を、ゆったり、じっくり見るのも大変な事ですな〜。
        4月5日




番外編 桜はまだかいな〜〜!by深川

 4月だというのに、この寒さは何なのでしょうか!
私の住んでいる深川(江東区)で、「さくらまつり」が開催中なのですが、
主役の桜は、まだまだ・・・咲いていませんです。

 今年で5回目なのですが、年々見物の方も増えていて、土日には花見船も出ています。

昔むかしは(10年ひと昔というので・・・それくらいかな〜)、この川では木場の「角乗り」が開催されていました。その頃の川はとても汚くて、「あの人落ちたらやだろうな〜」などと子供心に思っていました。

しかし、そこはプロ!落ちることはなく、見事なさばきを見せてくれ、拍手喝采!!!
その、汚かった川は、徐々に綺麗になっていき、川脇は整備され桜が植わったのです。始めは小さかった桜の木が年々、大きくなり今ではとても見ごたえのある枝ぶりで、この時期の楽しみのひとつとなりました。
私は、この端を毎日渡るので、春は花を、秋は紅葉を楽しむことができます。

いつのまにか、「さくらまつり」と名づけられたイベントとなったのにビックリしています。
水辺に桜は、合いますよ〜〜〜。
今週末には、満開となるといいな〜。今回は、その予告編での写真です。


お江戸さくら祭り情報
                     4月1日


下町コロッケパン

 テレビでも、よく取材を受けて紹介されているこのお店は、三ノ輪と南千住の間に位置した場所にあります。
店頭販売の窓口には、取材に来られた有名人のサインが、ぎっしり飾ってあります。ケースにはコロッケ・ハムカツ(なつかし〜)・メンチ・カツ等、数種類あり、パンはすべてコッペパン。その後ろで調理している揚げ物の匂いが、店頭までプ〜ンと漂ってくるので食欲をそそられる〜。
味はシンプル!!シンプルだから飽きないのでしょうね。揚げ物勝負って感じです。
コッペパンはとても柔らかくて、コロッケ(揚げ物)によく馴染んでいます。ボリュームも満点!!1個でお腹は満たされちゃいます。でも・・・・、メンチも食べたい〜〜って時には、半分ずつ食べて、とりあえず終了。残りは、少し時間をおいて、オーブンで少し焼くと食感も変わり、それもまた、良し!です。その際、野菜やチーズ等をトッピングしてもいいかも・・・。
 
私のこの店に行く経路は、南千住から歩いていくのですが、ここから、三ノ輪に行く間に、やはり店頭販売のうなぎ屋さんがあるのです。ここを通るたびに、うなぎの焼いた匂いが、こちらはプンプンしてきます。
今年の夏の丑の日には、必ず食べてみよう!!と思ってます。
  
  2月3日 今日は節分、丑年でした〜。 皆様に福は〜内〜!!

冬のイベント、お酉様!!

   毎年、11月になると酉の市を行う鷲神社・酉のお寺が、三ノ輪駅近くにあります。この市が開催されると冬を感じます。酉の市=寒い!が季節を感じる瞬間です。境内には、熊手の露店がズラリと並んでいて夜には、人もひしめき合っているのでしばし、寒さは忘れますが・・・・。

そして、あちこちから、家内安全・商売繁盛の手締めの音が聞こえてきたりで活気に満ち溢れています。 
今月は、酉の日が3回あるので、この市も3回開催です。3の酉まである年は、火事が多いと言われているので、火の用心も気をつけなければ・・・・。
 お参りを済ませて、境内を散策していたら「福あられ」のポップが目に留まり、買ってしまったのが写真にある「あられ」です。
売り子のおばさん 「コレは美味しくて評判いいんだよ〜」
私 「じゃあ、また欲しくなったら、来年まで買えないいんだ〜?」
おばさん 「ん〜そうだね〜。まだ3の酉があるよ!」
 さすが、商売上手なおばさんでした。そのネーミングのとおり、心地よい福をいただきました。

さて、いよいよ、29土が最終3の酉。そして、いよいよ年の瀬ですね〜。

鷲神社ホームページ

               11月19日
     

大地のめぐみラーメン!

アルファから、すぐの場所に今夏頃にラーメン屋さんが開店しました。なにやらこだわりのあるお店のようで、とてもきになっていたのです。ついに行ってきました。
やはりこだわりの味でした。店内は8,9名がやっとのカウンターのみ。入り口に食券販売機があり、そこでラーメン味選び。まずは最初なので、一番上に書かれてあった、しょうゆ味ラーメンを選びました。
待っている間に、パンフレットを読んでみると、食材は、化学調味料を一切使わず大地の恵のものばかりと書かれていました。
食してみると、確かに・・・・!とても柔らかで優しいスープでした。美味しかったです。大満足でした。
なにやら、元気が出てきました。これも大地のめぐみを吸収したお陰でしょうかね〜。
次は、アトピーの方にも、食べられるようにとの要望で、作られたという、塩味にトライしてみま〜す。

                11月19日

下町の味!!もんじゃ

三ノ輪は下町です。下町といえば「もんじゃ」です。夏は汗をカキカキ最後にかき氷で仕上げ。冬はホクホク温まりながら食して最後は、「あんこ巻き」か「あんず巻き」で仕上げ。が、私の締めです。
先日大阪に展示会で行ったときに、もんじゃ味のお菓子があってビックリです。全国区になってますよ〜〜
写真、明太子+チーズもんじゃです。贅沢ですね〜。私の小さい頃は、駄菓子やさんで大きな鉄板に子供達が周りを囲んで、陣地を取り合いながら食べたものです。中身はと言うと、キャベツに・・・・・・・だけ??贅沢して、うずらの玉子かベビースターをトッピング。でした。
今は、何でもありで色々な味が楽しめますが、下地の味はお店によって違うので、好みのお店はできますわ。急に食べたくなるんですよね〜。コレからがもんじゃの季節ですね〜〜。
もんじゃやさんって、座敷のお店が以外と多いですよね。
足を出すことが出来ますか〜? もんじゃの前にフットケアできれいにしましょ〜〜!

パン屋さん2

どの街にも、最近はパン屋さんって数件ありますね〜。中でも食パンってお店のメインではないでしょうか?

当店の並びを真直ぐ歩いていくと「天然酵母」のパン屋さんがあります。その名は「むぎわらい」。酵母の良い香りが漂ってきます。どっしりとしたパンなので、パン自体の味が噛めば噛むほど広がります。
お店の中は、喫茶・軽食もOKなので、昼間は主婦の方で賑わっていますね〜。パンの種類も豊富だし、生地自体も様々な穀類を使ったものがあるので、色々な初体験が楽しめます。
   
店内メニューで、私はまだ、食したことないんですが、カレーがありまして、たまたま隣の席の方が食していたのを横目に見て、す〜ごく美味しそうだったのでとても気になってます。
ですが、なかなか外食する時間が無いのが実状です。せっせと持ち帰りに励みますかね〜〜。


むぎわらいホームページ

                9月22日

氏神様

お店のある地域の、氏神様は「素盞雄神社」です。場所は荒川区南千住にあるのですが、ここから歩いて10分くらいです。小さいながらも、趣きのある静かな神社で、ここに行くと、落ち着いた気持ちになります。毎年6月にはお祭りがあり今年は大祭でした。
お店は台東区、氏神様は荒川区なのです。こういう区画っていつ、どのようにして決まったのですかね〜??疑問です。。。
きっと、大昔のことなのでしょうね。その頃はきっと、このようなコンクリートではなくて土の上を、ぞうりで歩いている時代だったでしょう。

私がしているフットケアは、ドイツからの技術ですが、あちら欧州は、石の文化なので履物が靴に発達していきました。ましてや、一日中靴を履いている生活スタイルなので、フットケアの歴史も古いのです。
が、日本は土や木の文化なので、草履や下駄がみんなの履物でした。柔らかい地面には合った履物だったのですね。今では、道路はコンクリートになり、着るものも着物から洋服に替わり、靴を履くのが日常です。
その分、足のトラブルにも見舞われやすくなってしまったようです。
最近は日本でも、フットケアのお店が増えてきていますが、まだまだ少ないですね〜〜。

しかし、ぞうりの時代には、鼻緒タコってあったのかな〜〜?
この仕事8年やっていますが、鼻緒ずれは見たことあっても、鼻緒タコはないですねぇ。
またまた、疑問だわ〜・・・・・・!!

と、昔々を考え想像力を働かせてくれる、空間ですよ。この場所は・・・!スサノオノミコトに会いたいわ〜。


           9月3日
素盞雄神社ホームページ

ひんやりシャーベット!

三ノ輪から浅草方向に行ったところに、スイーツ店があります。こちらも昨年オープンしたお店で、その名は、果山(カザン)です。
もともとは、高級果物店で洋菓子もそこで作られています。私のお気に入りは、シャーベット!!
様々な種類の果物がシャーベットになっていて、とても美味です。果実の味がしっかり味わえて、この暑さも、ひんやりとさせてくれます。  
とてもおしゃれな外観なんですよ〜。

果山(カザン) ホームページ 


    8月11日

隅田川花火が見えました!

 初回に書きましたが、三ノ輪から浅草は歩いて20分位の距離なのです。
昨年、店の前を浅草方面に向かう人がいっぱいで、皆どこに行くんだろうと思っていたら、その日は隅田川の花火大会でした。まさか音はするけど、見えないよな〜?と思い通りに出てみると、ビルの谷間に花火が見えるんですよ〜。ビックリです!!
ビルの谷間なので、広々した雄大さはないですが、花火って、夏を実感できますね。
ここは、季節の風物詩が味わえる街なのです。
通りを歩く、浴衣姿の方々を目にするだけでも、夏ですね〜。
浴衣でフットケアも、いいかも。です。
裸足ですからね〜。   7月29日

パン屋さん

三ノ輪には、長〜いアーケードの商店街があります。
その名も「ジョイフル三ノ輪」!
とてもリーズナブルな商店が並んでいて、雨の日も安心してお買い物が出来ます。
人や自転車が行きかっている中に、昔ながらの「パン屋さん」があるのです。
パンは、ショーケースに並んでいて、お店の方とのやり取りで買うのも、今では珍しいですかね〜。
奥では、年期の入った職人さんが作っている様子も見えるんです。
今は、色々な食材が入ったパンが多いですが、とても素朴で、パン自体の味をしっかり楽しめます。
写真は、コーヒーロール・クリームホーン・そしてハムカツ!!です。
興味のある方は、ご来店の際お店の所在お教えしますね。 7月16日


三ノ輪と言えば。

都内で唯一残っている、都電荒川線の始発駅「三ノ輪橋」がある町です。
お店を始めるまでは、荒川線と言うぐらいなので、荒川区だとばかり思っていました。
が、しかしここは台東区なのです。交差点を渡ると荒川区なので、ちょうど境目に位置しているのです。
駅がある場所は、荒川区なのでネーミングも納得・・・?でしょうか?
アーケードの商店街もあり、下町情緒たっぷりで、映画「オールウェイズ」の時代に、
タイムスリップしたような横丁もあったりして、歩くのが楽しいです。
上野や浅草にも、歩いて20〜30分位で行けるので、フットケア後のお客様で
「足が痛くなくなったので、歩いて行ってみます」と言われる方もいらっしゃいます。

都電荒川線情報

 7月9日

Copyright © 2008 - 2017 alfhael.eey.jp 割引クーポンと地域情報タウンタウン リサイクルマーケット