東京台東区 三ノ輪にあるドイツ式フットケア(フスフレーゲ) たこ・魚の目・角質はアルファにすべてお任せ

フスフレーゲって?

フスフレーゲとは?

 フスフレーゲとは?
ドイツ語で、フス(Fuss)=足 フレーゲ(pflege)=お手入れの意。です。

 中世ドイツを中心としたヨーロッパ諸国で、貴族の足を美しく保つために誕生しました。その頃の貴族は、男性でもヒールの靴を履いていたため足にタコや魚の目などのトラブルが男女共に、発生していました。フスフレーゲは、足の治療士によって始まり広まりました。足のトラブル解消、および予防の習慣が古くから行われていたのです。

日本では、坂本竜馬が靴を履いた最初の日本人と言われています。
それまでは、草履や下駄を履き柔らかい土や木の地面での歩行なので、足にかかる衝撃も柔らかいものでした。しかし、開国後は誰もが靴を履くようになり、地面も硬いコンクリートへと変化していきました。当然、足のトラブルに見舞われやすい環境になりました。

足のお手入れをすることは、トラブルの解消に役立ちます。
また、足を清潔に保ちトラブルを未然に防ぐためにも、足のお手入れは大切です。


当サロンは、足の爪・タコ・魚の目・肥厚した角質をフットケアマシンを使い痛みなく綺麗に健やかな足にしていきます。

マシンを使うことで、ゆび上や間もきれいにケアすることができます。
足裏やゆびの上・間にタコ・ウオノメがあるために、足の可動域が小さくなり歩行時の妨げにもなるのです。

*ケアと共に、足に合った靴を履くことは、健やかな足を保つためにはとても大切です。
 ご希望の方には、初回ケア後に足サイズをお測りします。靴選びの参考にしてください。




爪・巻き爪はこちら
⇒角質(たこ・魚の目)はこちら

メニューはこちら

ご予約フォームはこちら    問合せフォームはこちら

たこ・魚の目・角質 巻き爪 足 魚の目 東京台東区のドイツ式フットケア(フスフレーゲ)はアルファより




△ページトップへ

東京台東区のドイツ式フットケア(フスフレーゲ)はアルファ:トップへ