東京台東区 三ノ輪にあるドイツ式フットケア(フスフレーゲ) たこ・魚の目・角質はアルファにすべてお任せ

爪・巻き爪

爪・巻き爪ケア

足の爪は、ゆび先の保護や、身体を支えたり、歩く際に力を加える役割をしています。
爪がなかったり、深爪をすることで、力は伝わりにくくなります。
また、巻き爪・陥入爪・割れやすい・二枚爪など・・・
靴や靴下で覆われるため、トラブルも起こしやすい環境にあります。

フットケアで、適切な長さを保ち清潔にすることで、トラブルの改善・予防になります。

☆爪ケア内容  
  
  長さ調整、爪表面の凹凸の調整、甘皮や爪溝の垢処理。
  甘皮が多くつきすぎると爪の水分を奪い乾燥しやすくなります。
  爪溝をきれいにすることで、ゆび先の血行も促されゆびの動きもスムーズになります。


ケア前
  

          ↓
  ケア後
  



  ケア前
  

         ↓
  ケア後
  

☆ぺディック(つけ爪)
損傷した爪、部分的に薄くなってしまった爪などをリペアするものです。



         ↓



  


☆巻き爪ケア内容
  巻爪になる原因はさまざまですが大きな要因としては
   *深爪
   *合わない靴
   *爪白癬
   *外反母趾
   *歩行量が少ない などがあります。
巻爪になると、ゆびさきに痛みが生じたり炎症を起こすことがありますし歩くのが困難になること で、身体の歪みにも繋がります。

  当店で行う巻爪ケアは、
  ワイヤー及びプレートを使って真直ぐにしていく補正ケアです。数種類の方法があります。

  ☆巻爪でお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください
    (ご相談は無料で  お受けいたします)


  VHOワイヤー
  

   ⇒ メニュー&料金はこちら

たこ・魚の目・角質 巻き爪 足 魚の目 東京台東区のドイツ式フットケア(フスフレーゲ)はアルファより




△ページトップへ

東京台東区のドイツ式フットケア(フスフレーゲ)はアルファ:トップへ